工場求人で失敗しない選び方を工場転職6回の経験者が解説!

工場勤務
この記事は約3分で読めます。

工場に転職を希望して工場求人を見ているけど、どのように選べばいいかわからない

工場求人の選び方で失敗したくない

このような悩みを解決します。

工場転職を6回経験した私ですが、失敗した経験が2回もありましたが、成功した転職もありました。

この記事では工場への転職で失敗しない選び方と解説していきます。

工場求人の選び方

工場求人の選び方は自分の希望に合った求人を選ぶようにしましょう。

全ての希望に沿える求人はない可能性はあるので、多少は妥協が必要があります。

ただ、自分の希望にほとんど合わない工場に転職した場合、長く続けられない可能性がありますので、注意してください。

・勤務地を決める

住んでいる地域に工場があれば、交通費は抑えられますが、住んでいる地域から遠い工場ですと、交通費が生活の負担になります。また通勤時間が長くなり、プライベートな時間が減ってしまいます。

プライベートな時間を減らしたくないという場合は、住んでいる地域から遠い工場であれば、寮付きの求人もあり、送迎バスがあり、交通費の負担もありません。

ただ、寮費を給与から天引きされますが、工場によって寮費の相場は違うので、求人の寮費を確認してください。

筆者の私も十数年前、寮付きの工場で働きましたが、寮費は6万円でした。正直高いですよね。光熱費は1万円以内なら無料でした。

寮費は色んな求人を見る限り、2~3万円台の求人が多かったです。中には寮費無料の求人も多数あります。

光熱費、水道代は会社負担してくれる工場もありますが、一部を負担しなければならない場合もあります。

勤務地は住んでいる地域なのか、離れた地域にするかは、慎重に検討してください。

・どんな業種で仕事をしたいのかを決める

工場勤務には多くの業種があります。鉄鋼業、電子部品、デバイス、電子回路、機械関連、医薬品、食品、自動車、プラスチック製品などあります。

自分がどの業種に携わりたいのかを明確にしましょう。

・雇用形態を決める

雇用形態には正社員、派遣社員、契約社員、アルバイト、パートがあります。

正社員は日給月給制ですが、それ以外は時間給制になります。

正社員は規定の出勤日数から欠勤、遅刻、早退などした場合の時間分を減額する給与体系になります。

正社員以外の雇用形態は一時間あたりの賃金が定められている制度になります。

※正社員と派遣社員は働ける期間は設けられていませんが、契約社員は働ける期間は上限3年になります。

これらを踏まえた上で雇用形態を決めましょう。

・勤務形態を決める

工場の勤務形態には日勤、夜勤、2交代、3交代などあります。

【参考例】

◆日勤‥朝~夕方(8時間)

◆夜勤‥夕方~深夜、深夜~朝(8時間)

◆2交代‥朝~夜(12時間)、夜~朝(12時間)

◆3交代‥朝~夕方、夕方~深夜、深夜~朝(8時間)

※夜22時~5時まで深夜手当、もしくは時給がアップします。

・理想の給料、時給を決める

仕事をする上で重要なのが、給与、時給です。工場の仕事内容が良くても、給与が低すぎると生活に支障が出てきます。

逆に給与、時給が良いからといっても、きつい仕事だったり、室温を保つ空調設備がない場合があるので、求人をしっかり見る必要があります。

また、工場見学が出来るなら、見学をして問題ないか確認しましょう。

まとめ

工場求人の選び方について解説していきました。

工場によって、労働環境や待遇が異なります。求人情報を細かく調べて、自分に合った職場を見つけてください。

当ブログでは主に転職(工場勤務)、筋トレについて発信しています。

◇工場勤務
工場勤務ではどんな仕事があるのか。
工場勤務において必要なノウハウ

◇筋トレ
自重トレーニングで筋トレする方法
ダンベルを使ったトレーニング方法
プロテインについて

◇経歴
工場勤務ではライン工、旋盤、塗装、設備オペレーターを経験。ラインリーダー、教育専門の部署を経験。

筋トレではバスケをやっていて、ジャンプ力アップ、フィジカルを鍛えるために本格的に開始し、自重トレーニングからマシントレーニングを取り組む。

Shigeをフォローする
工場勤務
sg-creator-blog

コメント