【筋トレ】速筋と遅筋の違いとは?2種類の筋肉のトレーニング方法

筋トレ知識
この記事は約4分で読めます。

筋肉には速筋と遅筋があることを知ったんだけど、それぞれの筋肉はどう違うのかな?また、遅筋と速筋のトレーニング方法も知りたい。

こんな疑問を解決します。

✔️本記事の内容

・速筋と遅筋とは?

・速筋と遅筋の割合は?

・速筋と遅筋のトレーニング方法

✔️本記事の信頼性

トレーニングジムのマシン・ダンベル・チューブなどあらゆる筋トレ器具を経験

筋トレとプライオメトリクストレーニングでジャンプ力を30cm アップ(280⇒320㎝)

陸上、サッカー、バスケットボール、マラソンなどあらゆるスポーツを経験し、種目によって鍛える筋肉を把握し、パフォーマンスを向上させた。

速筋と遅筋の違いを知ることで、私生活においてもメリットがあります。またスポーツをされている方ならば、そのスポーツに適したトレーニング方法に変化してパフォーマンスの向上に繋がります。

1.筋トレ初心者必見 速筋と遅筋とは?

ここでは、速筋と遅筋についてわかりやすく解説していきます。

1-1.速筋とは?

速筋は瞬発力系の筋肉になります。短距離走、ジャンプ、瞬間的に爆発的な力を生み出します。白筋とも言います。

速筋を鍛えると筋肉が大きくなり、筋肉量が増え、基礎代謝が上がります。

速筋は筋肉痛になりやすく、疲れやすくなります。

1-2.遅筋とは

持久力系の筋肉で長距離走、マラソンなど有酸素運動で持久力を発揮する筋肉です。赤筋とも言います。

遅筋は鍛えても筋肉痛はなく、筋肉は大きくなりません。鍛えることによって疲れにくくなります。

2.筋トレ初心者必見 速筋と遅筋の割合は?

一般の人は50:50で速筋と遅筋が均等にあります。

しかし、速筋を主に使う選手は速筋の割合が増えます。

一方、持久力を主に使う選手は遅筋の割合が増えてきます。

3.筋トレ初心者必見 速筋と遅筋のトレーニング方法

速筋のトレーニング方法と遅筋のトレーニング方法を紹介していきます。

3-1.速筋のトレーニング方法

今回は自宅で出来る速筋トレーニングを3つ紹介します。

・スクワットジャンプ

スクワットジャンプ

1.肩幅に足を広げます。

2.スクワットをします(足先より膝が出ないように)

3.スクワットした状態からジャンプします。

4.着地後、スクワットをします。

5.2~4を繰り返します。

・スプリットジャンプスクワット

これは痩せる!瞬発力上がる!「スプリットジャンプ」

1.片足を前にもう片方の足を後ろに前後に大きく開きます。

2.体を落とし、前足の膝を90度に曲げます。

3.ジャンプし、前後の足を入れ替えます。

4.2~3を繰り返します。

・ブルガリアンスクワット

足をシャープにかっこよく!ブルガリアンスクワット!1本足ランジ

1.椅子などの高さに片足(足の甲)を乗せます。

2.片方の足を前に出します。

3.前に出した足を90度まで曲げていき、2~3秒静止します。

4.曲げた膝を伸ばします。

5.3~4を繰り返します。

3-2.遅筋のトレーニング方法

遅筋を鍛えていくと持久力が上がっていきます。

ここでは、遅筋のトレーニングを2つ紹介します。

・ジョギング、ランニング

遅筋の鍛え方はウォーキング、ジョギング、ランニング、サイクリングスイミングのような有酸素運動があります。

定期的にランニングをしていって、いつもの距離が余裕になっていたと感じたことはありませんか?

それは遅筋が鍛えられた証拠なんです。

・負荷が小さい筋トレ

負荷が比較的小さい筋トレは遅筋のトレーニングになります。

軽いダンベルで回数をこなしていくと遅筋が鍛えられます。

負荷が軽いから早く筋トレするのではなく、ゆっくり筋トレをするのがコツになります。

まとめ

速筋と遅筋の違いとトレーニング方法を解説しましたが、今後の筋トレにお役立てください。

また、速筋と遅筋はバランス良く鍛えることをオススメします。

以上になります。

SGクリエイターblogを運営しているSHIGERUです。当ブログでは転職(工場勤務15年経験)/コミュ障・対人恐怖症克服(20年間対人恐怖症&コミュ障で独自の方法で克服)/筋トレ(15年経験)の情報を発信中です。

sg-creatorをフォローする
筋トレ知識
sg-creatorをフォローする
SGクリエイターBlog

コメント